全国のご当地かまぼこ一覧|人気の練り物を紹介

全国のご当地かまぼこ一覧|人気の練り物を紹介

全国のご当地かまぼこ一覧|人気の練り物を紹介

北海道のかまぼこ

北海道のかまぼこには全国的にも珍しい白子のかまぼこがあり、地元では食べられているようです。スケトウダラやマダラの白子を使って作られますが、ぷるっとした柔らかい触感が人気です。このタラの白子のかまぼこは「たちかま」とも呼ばれ、特に鮮度の良い白子が使われます。小さく切ってポン酢をつけたり、バターでステーキにするなどして食べられます。

 

 

宮城県のかまぼこ

宮城県は全国1位の水産練り製品の生産地です。仙台の名産である笹かまぼこはとても人気があり、観光に来た方の多くかまぼこを買っているようです。ずんだもちや萩の月も美味しいですが、年配の方へのお土産になるとかまぼこは大変便利ですね。この歴史は古く伊達藩であった時代に開発されたようです。

 

元々は石巻で揚がったタイやヒラメといった今では高級とされるお魚を使ってつくられていました。近年ではイトヨリダイとスケトウダラを使ったものが多いようです。形も縦長の特徴がある形でかわいらしいですよね。

 

 

東京都の練り物

東京には江戸時代から「東京はんぺん」と呼ばれる練り物が存在する。はんぺんはアオザメ、ホシザメなどのサメの肉をすり身にして、これと山芋を合わせてゆで上げたものであす。ふんわりとした食感で女性に人気が高いです。関西の方に行くと同様の製造方法でつくられたものは「しんじょ」と言われます。

 

神奈川県のかまぼこ

神奈川県西部の小田原がかまぼこで全国的に有名です。小田原のかまぼこは厚めの板に弾力の強く、比較的山が高い形状をしています。普段使いのものの他に、高級な贈答用に適したかまぼこも存在し、このような製品は飾りがついていたり鮮魚のすり身から作られていたりとこだわりが感じられる。作られる工程で蒸す作業がはいるため「蒸しかまぼこ」というジャンルに入る。最近では小田原にある蒲鉾店がそれぞれ自慢の練り製品を作り、一つのお鍋にいれた「小田原おでん」が開発され、観光客向けに人気がでてきているようです。

 

 

静岡県の練り製品

静岡の黒はんぺん

しぞーかおでんで全国的に知られるようになってきた「黒はんぺん」は人気があります。駿河湾で水揚げされたサバやイワシを骨ごとすり身にして三日月形に成形して茹でられたものです。表面をかるくあぶって食べると香ばしく、地元でもよく食べられています。たんぱく質、カルシウムだけでなくEPAやDHAといった健康に良い成分が多く含まれており、かまぼこの中でも特に栄養価が高いです。

 

焼津のなると巻

なると巻の生産量全国1位なのが焼津市なんです。なるとは元々は四国徳島県の鳴門で生まれました。あのなると巻のぐるぐるは「渦潮」をモチーフに考えられたと聞きます。昔ながらの中華そばのトッピングに使われる程度しか見なくなりましたね。