かまぼこにEPAやDHAは入っているか?

かまぼこにEPAやDHAは入っているか?

かまぼこ,EPA,DHA

 

健康に良いと聞く「EPA」と「DHA」、お魚に入っているとはわかっているが、魚のすり身でできているかまぼこなどの練り物に入っているのでしょうか。答えは必ず入っているとは言えないが正解です。

 

魚油に入っているオメガ3の不飽和脂肪酸の一種がEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)は抗血栓作用や制がん作用、抗アレルギー作用などがあるといわれ、また頭が良くなる栄養素としても非常に効果が高いそうです。

 

この成分はすべての魚に含まれているわけではないということを知っておく必要がありますね。イワシ、さんま、ブリ、サバなど青魚に多く入っています。一般的なかまぼこは原料としてスケトウダラやグチといった白身魚を原料にしていることが多く、油は多くないんです。EPAやDHAは油に含まれる成分の一つですので、魚自体に油分が少ないためにEPA・DHA含有量は少ないです。

 

ただし、数あるかまぼこの中でサバやイワシなどの青魚を原料にしたものもあります。その代表的なものが静岡県名産の「黒はんぺん」や愛媛県の「じゃこ天」になります。おさかなそのものを食べるのが苦手だけれどもEPAとDHAは摂取したいという方は、まずは黒はんぺんからスタートしてはいかがでしょうか。そのままでも食べやすいですが、おでんにしたり、お芋と煮たりと意外と調理しても美味しいですよ。

 

かまぼこ,EPA,DHA

 

静岡おでんはこの地域の名物料理となっており、近くに行ったときには是非一度は食べておきたいです。

 

 

 

かまぼこ,EPA,DHAご当地練り物についての記事はコチラ